川口朋広

SASUKE

【SASUKE】川口朋広さんの魅力を語らせてくれ

SASUKEには様々なバックボーンを持った選手が出場しています。

 

彼らがどんな思いでSASUKEに挑むのか、そんな人間ドラマもSASUKEの魅力の1つです。

 

そんな選手の中で僕が一番好きなのが川口朋広さんです。

 

本記事では、川口朋広さんの魅力や名シーンについて語らせていただこうと思います。

 

かなりマニアックな話になってしまいますが、お付き合いいただければ幸いです。

川口朋広さんの魅力

僕が思う川口さんの魅力は以下の3つです。

川口さんの魅力

・SASUKE選手の中でも屈指の「イケメン」

・高身長ながらも軽い「身のこなし」

・時折見せる「熱さ」

 

1つずつ解説していきます。

 

SASUKE選手の中でも屈指の「イケメン」

川口朋広さんの魅力はなんといってもそのイケメンさ。

 

見てください「イケメン」という言葉では表現しきれないこのカッコよさを。

川口朋広さんにはイベントでお会いしたことがあるのですが、明らかに一般人とは違うオーラを放っていました(笑)。

 

サスケくんこと森本裕介さんも、「川口さんが1番のイケメン」と言っていましたね!

 

イケメンで高身長で筋肉ムキムキ。男としてあこがれる要素ばかりです。

 

そんな川口さんももう40代なわけですが…こんなカッコいい40代になりたいものです。

 

高身長ながらも軽い「身のこなし」

川口朋広さんは178cmと長身ながら、非常に身のこなしが軽いところが魅力的です。

 

SASUKEの3rdステージはぶら下がって進むエリアがほとんど。

 

そのため、同じ筋肉量でも体重が重くなる高身長の人には不利なステージとなります。

 

メモ

実際、3rdステージを突破して完全制覇を達成している選手は、4人全員が身長160cm程度です。

 

そんな中、川口さんは大きな体をダイナミックに振りながら3rdの難関エリアを突破し、ファイナル進出も経験しています。

 

特に超難関エリア【ウルトラクレイジークリフハンガー】では、3人しかいない突破者の1人になっていました(~35回大会)。

 

実力者の中では珍しいタイプの体格で、見応え抜群な選手です。

 

時折見せる「熱さ」

川口さんは、エリアの分析が細かく、攻略法も鋭いため、仲間たちから【教授】といわれるほどのクールな人物です。

 

印象的なのは35回大会(ドラゴングライダー初登場の回)。

 

1stステージクリア者がなかなか現れず絶望的な雰囲気の中、日置将志さんの1人目のクリアに選手や観客は大喜び。

 

しかし川口さんは「あのペースでも10秒残しか…」と冷静に分析をしていました。

 

そんな川口さんですが、クール一辺倒というわけではありません。

 

仲間たちが全滅した1stをただ一人クリアし、「見たかオラ!」と感情を爆発させたり

 

戦友の菅野さんのリタイアに涙し、「菅野の想いは持っていく」と最高にかっこいいセリフを発したり…

 

普段はクールでも、時折熱い気持ちを爆発させる。

 

そんなギャップが最高にカッコいいです。

 

川口朋広さんの名シーン3つ

私が独断と偏見で選んだ、川口朋広さんの名シーンを3つ紹介したいと思います。

名シーン3選

・30回大会 ファイナル進出時の涙

・34回大会 間違いなくお前が最強だから大丈夫。

・35回大会 3rdに挑む際の目つき

 

1つずつ解説します!

30回大会 ファイナル進出時の涙

30回大会でついにファイナル進出を決めた川口さん。

 

クリア後のインタビューや家族の祝福に笑顔で答えていましたが、その後SASUKE新世代の仲間たちを見た途端、泣き崩れます

 

ともに切磋琢磨してきた記憶が思い起こされて、思いがあふれたのでしょうか。

 

色々想像が広がる良いシーンです。

 

34回大会 間違いなくお前が最強だから大丈夫。

34回大会、川口さんは最後の2人まで生き残るも、3rdで脱落。

 

残るはサスケ君ただ一人、クリア者はゼロという状況。

 

散っていった仲間の思いを背負い、決戦に挑むサスケ君に川口さんが激励します。

 

間違いなくお前が最強だから大丈夫」と…

 

こんなセリフなかなか出てきませんよ!!しびれます!!

 

これを受けたサスケ君が、変に謙遜せず爽やかにお礼を言うのがまた良いんですよ…!

 

35回大会 3rdに挑む前の目

35回大会、1stに難関ドラゴングライダーが新設され、実力者が次々と消えていった大会です。

 

3rdまで生き残ったのは5人。1人ずつ、前の参加者の脱落エリアを超えていく熱い展開となりました。

 

特に最後の3人が、3rdに挑む前、名前を呼ばれながら階段を上がるときの目がすごく好きなんです。

 

三者三様それぞれの性格が出ていて、全員が違った方向性でカッコいいんですよ。

 

ドリューの、リラックスした様子で笑みすら浮かべて見せる目。

 

川口さんの、「獲物を射殺す鷹」のような鋭い目。

 

サスケ君の、必ずファイナルに行くという決意を感じるまっすぐな目。

 

いやはや最高です。何回みても熱い気持ちになります。35回大会は歴代屈指の神回でしょう。

 

そしてやっぱり川口さんはカッコいい(笑)。

 

川口朋広さんに次回大会で期待すること

ここ3大会では、そりたつ壁でリタイアが続いている川口さん。

 

次回40回大会ではそりたつ壁のトラウマを払拭し、3rdで戦う姿を見せてほしいです。

 

好きな選手が1stでリタイアすると、その後見るのがつらい…

 

バーティカルリミットで全力を振り絞る、必死の表情が見たいです(笑)。

 

まとめ

本記事では、私が最も好きなSASUKE選手の川口朋広さんの魅力を解説(?)しました。

 

クールながらも熱い思いを秘めた川口さん。次回大会での活躍を心から祈っています。

 

現在、SASUKEの公式YouTubeやTwitterが頻繁に更新されており、川口さんら常連選手の現在の様子を見ることができます。

 

40回大会に向けて、SASUKEファンもそうでない人も皆で盛り上がっていきましょう

 

35回大会以降のSASUKEは、「paravi」で完全版を観ることができますよ。