仕事

【地獄を見ます】システムエンジニアはやめとけ!残業150時間の体験談

システムエンジニアになりたい、どんな仕事が知りたいと思う方へ。

 

僕は新卒でとあるIT企業に入り、かっこいい
システムエンジニアになろうと考えていました。

 

が、そこで待っていたのは、想像とは正反対の地獄でした…

・IT企業を目指している人
・IT企業に内定をもらった人
・システムエンジニアの仕事に興味がある人

 

今回は、システムエンジニア(以下SE)について、僕が体験してきた実態をお伝えしたいと思います。

 

希望を抱いて入社

僕が入社したIT企業ABシステム (仮)はお客様から直接仕事を引き受けてシステム開発、運用を行ういわゆる一次受けの企業でした。

 

社員数は800人ほど。待遇も魅力的。

待遇

  • 年間休日125日
  • 月残業平均 20時間
  • 水曜日はノー残業デー
  • メンタルヘルス制度あり

新入社員研修も手厚く、

 

「良い企業に入れた。これで一生安泰だ」と思ったものです。

 

ただ、研修が夜中の1時くらいまであり、この時点で「ん?」と思うところがありました。

 

配属から残業地獄

さて、研修も終わってシステム開発課に配属された僕。

 

最初は定時で帰れていましたが、3か月目に初めて残業をしました。

 

そこから加速度的に残業が増えていき、気が付けば

 

7時に出社して、23時に帰る

 

という生活になっていました…

 

月の残業時間は150時間を超えていました。

 

新人だから早く帰らせてもらって、150時間です。

 

遅くまで残っている先輩の姿が未来の自分だと思うと、仕事を続ける気にはなりませんでした。

 

異常な環境

上司に相談してみたところ、

 

このままじゃ、身体かメンタルが壊れそうです…
うちの会社はメンタルを壊しても復帰してる人が沢山いるから大丈夫よ!
は?

 

リアルに声が出てしまいました…メンタルを壊すのは前提なんですね(^^;)

 

上司は、心から励ましてくれたつもりだったのかもしれませんが、僕には異常者のたわごとにしか聞こえませんでした

 

異常な環境で働いていると、それが異常だと感じることすらできなくなります。

 

僕はその場で、退職を決断しました。

 

IT業界について

僕が実際に働いたIT企業は、この1社だけです。

 

あなた
この会社がひどかっただけじゃない? 
  

 

という意見があるかもしれません。ただ、業界として、残業が長くなるような構造になっていることは事実です。

 

例えば、大工さんが家を建てるのを想像してみてください。

 

日が暮れてしまえば作業はできないですし、2階建ての家がほぼ完成したところに、3階を追加してくれ、なんて要求は出てきません。

 

SEにはそれがあります。

 

時間をかければ、それができてしまうのです!!SE、ITが大好き、苦にならないなら話は別かもしれませんが、好きじゃない、適性のない人ができる仕事ではありません

 

少なくとも僕には無理でした。

 

なんとなくでITを選ぶのはやめましょう。地獄を見ます

振り返って思うこと

ABシステムでの経験が

 

自分を大切にしよう、楽な仕事を探そう

 

という今の自分につながっているので、働いたことが間違いだとは思いません。ですが、僕はIT企業に二度と戻りたくないですし、友人や後輩がSEになりたいと言っていたら強く言います。

 

システムエンジニアはやめとけ!と…

 

システムエンジニアから抜け出したい方は、下記の記事が参考になるので、合わせて見てみてください。

 

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.