資格

【必見】危険物乙4は難しい?知らないと損する勉強法【2021版】

危険物取扱者乙種4類は難しい?。

 

いやいや、実は意外と簡単です。

 

危険物乙4は、簡単に取得できる割にビルメンやガソリンスタンド、科学系メーカーへの転職に使える資格です。


本記事では危険物取扱者乙種4類の転職先や簡単に合格できる勉強法を解説します。
さくっと取得して転職に生かしましょう。

こんな方におすすめ

  • 危険物取扱者乙種4類の難しさが知りたい人
  • 危険物取扱者乙種4類の勉強法とテキストが知りたい人
  • 危険物取扱者乙種4類の転職先が知りたい人

危険物乙4の試験概要

危険物取扱者乙種4類は国に認められた国家資格です。
ガソリンや灯油、軽油を扱う技術者の資格です。

 

危険物取扱者乙種4類の試験は、毎週開催されています。受験のチャンスは非常に多いので、取得できるうちに取得しておきましょう。

危険物乙4の受験資格

危険物取扱者乙種4類には受験資格はありません。誰でも受験が可能です。

危険物乙4の求人はある?

危険物取扱者乙種4類は転職に使える資格です。

 

ガソリンスタンドはもちろん、ビルや公共施設では油圧を使って動かす設備が使われているため、危険物取扱者の資格を持つ人間が必要とされています。

 

転職市場において、常に一定の需要がある資格だと言えますね。

 

具体的には、下記の職種への転職が有利になります。

ビルメンテナンス
水処理施設
・化学製品メーカー
・ガソリンスタンド
・タンクローリードライバー

危険物乙4が難しいと言われる理由

危険物取扱者乙種4類の合格率は39%前後です。一般的に、国家資格の中でも難易度が真ん中あたりですと20%台~30%台です。危険物取扱者乙種4類の合格率は高くないが低くもないと言えます。

 

実はこの合格率には理由があります。

 

危険物取扱者乙4種は需要が高く、受験者がとても多い資格です。具体的には、他の危険物取扱者の受験者が5000人弱に対し、乙4種だけで60000人以上の受験者がいます。

 

この60000人の中には学校や会社に言われて仕方なく受験している人が多く含まれています。危険物取扱者乙4種は比較的簡単ですが、勉強せずに受かる資格ではありません。これが合格率を引き下げている、難しいと言われる原因です。

 

試験内容は5択の選択問題が35問、合格ラインは6割です。
35問中14問まで間違えてOKということになります。

 

次項で解説する方法でしっかり対策し、確実に合格しましょう。

危険物乙4の勉強方法

危険物取扱者乙4種の勉強方法について具体的に解説していきます。

下記の流れで勉強を進めましょう。テキストはこちらを使います。

①テキストを1日1章ずつ、10日で1周する
②問題集の部分を2周する
③ひたすら過去問を解く

 

これで合格できます。
③で過去問を解き始めるころには合格する力は身についていますが、不安を無くすために過去問をやる期間を設けます。

 

テキストが非常に優秀で、とにかく最短ルートで合格することに特化した1冊です。
最初の4割で理論を解説し、残り6割で実践問題を解く、という構成になっています。合格するために必要十分な知識が身に着けられる非常に優秀な1冊です。

 

この1冊あれば余裕で合格できますよ。

 

過去問については、問題集を買うという手もありますが、「危険物取扱者乙4種 過去問」で検索すればいくらでも出てきます。無理に問題集を買う必要はないでしょう。上記の1冊で十分です。

危険物乙4のまとめ

本記事では危険物取扱者乙種4類について、

・試験は比較的簡単
・勉強方法とテキスト
・求人について

を解説しました。危険物取扱者乙種4類は簡単に取得出来て転職に使えるコスパのいい資格です。
サクッと取得して転職に活かしましょう!

 

 

資格についてまとめ

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.