資格

【油断大敵】2級ボイラー技士試験の難易度は超簡単!テキストや勉強法を解説【2021版】

2級ボイラー技士の資格に興味がありますか?2級ボイラー技士は簡単に取得出来ます。

 

また、ビルメンやホテル、建設会社への転職にも使える資格です。


本記事では2級ボイラー技士の転職先や簡単に合格できる勉強法を解説します。
さくっと取得して転職に生かしましょう。

こんな方におすすめ

  • 2級ボイラー技士の難しさが知りたい人
  • 2級ボイラー技士の勉強法とテキストが知りたい人
  • 2級ボイラー技士の転職先が知りたい人

2級ボイラー技士の試験概要

2級ボイラー技士は国に認められた国家資格です。
病院、学校、ビル、プラントなどの様々な場所でボイラーを取り扱い、点検、安全管理を行う技術者の資格です。

 

2級ボイラー技士の試験は、毎月1回開催されています。受験のチャンスは非常に多いです。取得できるうちに取得しておきましょう。

2級ボイラー技士の受験資格

2級ボイラー技士には受験資格はありません。誰でも受験が可能です。

ボイラー技士の求人はある?

2級ボイラー技士は転職に使える資格です。
ボイラーのある建物では必ずボイラー技士を持つ人間が必要なため、常に一定の需要があります。

 

具体的には、下記の職種への転職が有利になります。

ビルメンテナンス、建物管理
水処理施設
・ホテル業界
・建築
・ボイラー整備

2級ボイラー技士の難易度は簡単

2級ボイラー技士試験の合格率は60%前後です。一般的に、国家資格の中でも難易度が真ん中あたりですと20%台~30%台です。2級ボイラー技士の合格率は非常に高いと言えます。

 

試験内容は5択の選択問題が40問、合格ラインは6割です。40問中16問まで間違えてもOKなので、かなり易しい設定ですね。

 

次項で解説する方法で対策すれば確実に合格できるでしょう。

2級ボイラー技士の勉強方法

2級ボイラー技士の勉強方法について具体的に解説していきます。

 

下記の流れで勉強を進めましょう。テキストはこちらを使います。

①何も見ずに過去問を10問解く
②解答と解説を読む
③①と②を繰り返し、テキストを3周する

たったのこれだけです。
2級ボイラー技士の試験問題は、過去問からの流用がほとんどです。そのため、過去問をやり込めばやり込むほど合格に近づきます。

 

ボイラーの細かい仕組みは、ざっくりで構いません。勉強を始めてしばらくは何もわからず苦しい期間です。しかしある程度勉強が進むと、問題を覚えてしまうので正解が分かるようになってきます。

 

テキスト2周でも合格できますが、余裕を見て3周としています。
勉強時間は25~30時間が目安です。

 

テキストは下記の物を使用するとGoodです。
3冊試した中で解説が一番わかりやすく、勉強のストレスが減ります。

この1冊さえあれば余裕で合格できますよ

2級ボイラー技士に合格後

2級ボイラー技士は試験合格後に3日間の講習を受ける必要があります。
試験合格と講習受講を両方満たすと免許が交付されます。

 

講習は各都道府県で行われています。

 

先に講習を受講しても問題ありませんが、受講しても試験に有利になるわけではありません。試験合格後に受講するのが良いでしょう。

 

講習を実際に受けてきました→「2級ボイラー技士の実技講習は役にたたない話

2級ボイラー技士の実技講習は役にたたない話【試験合格済み】

続きを見る

2級ボイラー技士のまとめ

本記事では2級ボイラー技士について、

・試験は簡単であること
・勉強方法とテキスト
・求人について

 

を解説しました。2級ボイラー技士は簡単に取得出来て転職に使えるコスパのいい資格です。
サクッと取得して転職に活かしましょう!

トップに戻る

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.