資格

【不器用な人向け】第二種電気工事士対策!参考書のおすすめと最短合格法

あなた
第二種電気工事士が欲しいけど、不器用なんだよなぁ…

 

そんな悩みを解決します。

 

僕自身、靴紐がまともに結べないレベルの不器用さでしたが、これから説明する対策法で1発合格できました。

こんな方におすすめ

  • 不器用だから第二種電気工事士は無理だ…と悩んでいる人
  • 働きながら第二種電気工事士に独学で合格したい人
  • 第二種電気工事士を取得して、転職を有利に進めたい人

この記事を読んで対策して、第二種電気工事士の資格をゲットしましょう!!

 

第二種電気工事士は転職に超々々有利!!

第二種電気工事士の資格は転職に非常に有利です。

  • 建築現場の電気工事
  • ビルメンテナンス、ビル管理
  • テーマパークの設備設置、メンテナンス
  • 飲食店の電気設備メンテナンス
  • 工場の設備保全、メンテナンス
  • 水処理施設の維持管理

などなど、 電気は生活に欠かせないものであり、 電気を使用する場所には必ず電気工事士の仕事があります。


仕事がない!という状況を回避するために、第二種電気工事士は持っておくべきです。

 

僕も過去5回転職しましたが、うち3回は第二種電気工事士の資格を有効活用して内定を取っています。資格手当をもらえる企業も多いですね。

 
転職活動の武器として、職を失った時の保険として、持っているだけで安心できる資格です。

第二種電気工事士おすすめテキストと対策

筆記試験対策とおすすめの参考書

筆記試験は、過去問だけやりこむのが最速の合格法です。

 

筆記試験は過去問の焼き直しがほとんどのため、過去問を覚えていれば余裕で合格できます。難しく考える必要はありません。

 

「過去問の問題集」と「テキスト」を1冊ずつ買ってきて、過去問を3週もすればいいでしょう。

 

進め方

①いきなり問題を解く
②解答解説を確認
③テキストで間違えたところの知識を着ける 

 

でOKです。1週目は分からないことだらけでしんどいですが、3週目をやるころにはすらすら解けるようになってます

 

50問中30問、6割が合格ラインとなります。8割くらいが安定して取れるようになっていればまず落ちません。 目安としては2~3か月で合格できるようになります。

 

筆記で3冊も4冊も参考書を買う必要はありません!!技能試験は数万円単位でお金が飛んでいくため、ここは節約しましょう

  

↓実際に使用した過去問(2021年度版) 

↓実際に使用した解説テキスト (2021年度版)

実技試験対策とおすすめの参考書と教材

さて、問題の実技試験対策ですが…次の流れで進めていきます。

①テキストをそろえる
②工具をそろえる
③材料をそろえる
④不器用でも合格できた練習法

テキストをそろえる

技能試験では、毎年1月に一般社団法人電気技術者試験センターから問題が発表されます。

 

全部で13種類発表され、その中から1問が本番で出題されることになります。すべての問題が解説されているテキストを準備しておきましょう。  

私が利用したテキストは、「藤瀧 和弘」著のぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格です。

全13問とその条件
・詳しい解説と注意点
・各工程の手の動かし方
手で長さを測る等ちょっとした裏ワザ



が詳しくのっているため不器用な人には助かります。僕はこの本の通りに練習し、1発合格しました。

 

特に裏ワザは、練習から本番まで活用させてもらいました。

  

手の動かし方から丁寧に書いてあるので、不器用な方は試してみる価値はあるんじゃないでしょうか。

工具をそろえる

試験で実際に使う工具は、受験者が用意しなければなりません。 第二種電気工事士試験で指定されている工具は下記のものです。

  

必要な工具

・スケール
・ペンチ
・プラスドライバーとマイナスドライバー
・電工ナイフ
・ウォーターポンププライヤ
・リングスリーブ用圧着工具(圧着マークが刻印されるJIS適合品)

上記に加えて、ワイヤストリッパーを必ず持っていきましょう!!

これがあると、電線の被膜を剥く作業の安定性とスピードが段違いに上がります。

  
これが無いと工ナイフで電線の被膜を剥くはめになるのですが…不器用な人間には無理です(笑)電工ナイフで親指を切ってしまったことも…

 

実際の現場でも使用することの多い工具なので、慣れておいて損はないです。

 

工具をそろえる際は、試験用セットが販売されているので、それを購入すると楽ですね。HOZANという会社の工具が定番です。試験会場にも使っている人が沢山いました。(体感7割くらい)

  

↓実際に使用した工具

材料をそろえる

試験会場には、問題で使う電線や電気器具(コンセントやランプ)が準備されています。しかし練習用の材料は自分で調達しなくてはいけません

  

ホームセンターで一つ一つ買い揃えてもいいのですが、ものすごく手間と時間がかかります。

  

第二種電気工事士試験の練習材料がネットで販売されています。

 

 サクッとそろえて、技能試験の練習時間を取りましょう。材料セットは、練習〇回分セット、という形で販売されています。

 


僕は3回分を購入して1発合格しました。不器用な僕でも3回目はほとんど流れ作業だったので、2回分で十分合格できます。

 

不安なら3回分をどうぞ。なかなかの値段なので予算と相談しましょう。

 

不器用でも合格できた練習法

テキスト、工具、材料をそろえたら、いよいよ練習です。

  

次のやり方で進めていきましょう。

テキストを1通り読む

ここでは、ざっと読めばOKです。手を動かすほうに時間を割きましょう。2~3時間で読み切れます。

  
テキストを見ながら問題を1通り実践する

1回目は、テキストを見ながら進めます。1日1問ペースで実践していけばOKです。ただし、必ず時間を測りながら実践してください
 

 

本番の時間感覚を身に着けるため、これは必須です。

 

最初の問題はかなりの時間がかかりますが、細かく時間を記録しておきましょう。後々の分析に役立ちます。
   

7~8問目くらいになると、最初の頃が嘘のようにスピードアップしていますよ。
  

参考に、僕の時間配分を記載しておきます。

 

時間配分の例

・問題文、施工条件の確認➡ 3分
・伏線図の作成     ➡ 3分
・実践         ➡28分
・予備時間(見直しなど)➡ 6分

34分で終わらせて見直しができる配分にしていました。
本番はこれよりも早く終わりました。

   

テキストを見ないで問題を1通り実践する
2回目は、テキストを見ないで完全に本番と同じ条件で実践します。制限時間は40分ですが、30分で完成できるようになりましょう。   

 

この時も、必ず時間は細かく測定するようにします。時間が厳しいようなら、どの工程で時間がかかっているかを調べて対応していきましょう。
   

   
(例えば、ランプレセクタクルで時間がかかっているなら、そこだけ練習するなど。)

苦手な問題を復習する
ここまでくれば合格できるだけの力は身についています。確実に合格するために、苦手な問題の復習に時間を使いましょう。 
  

特に苦手な問題は、
   作るバラす作るバラす
と繰り返すと理解が深まります。

 

①~④の順序でしっかり対策し、合格を勝ち取りましょう!
  

おわりに

第二種電気工事士は、しっかりと対策をすれば、誰でも合格できます。

   

不器用だから…働きながらだから…と諦めるのはもったいないですよ。ぜひ挑戦して、第二種電気工事士の資格をゲットしましょう。

トップに戻る

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.