水処理施設

【浄水場】水処理施設マンは結婚できるのか?僕はしてます【メリットあり】

あなた
水処理施設の人って結婚できるのかな…?

 

そんな疑問に答えます。

 

水処理施設の管理業界は、給料が安いから結婚できない…と思われがちですが、意外にも結婚している人は多いです

 

かくいう僕も、結婚しているうちの1人です。

 

本記事では、水処理施設マンが結婚できるかと、奥さんから見たメリットを解説します。

 

※給料の具体的な内訳が知りたい方は、「【水処理施設】浄水場の給料は安い?4年目の現役が全て暴露します」を合わせてご覧ください。

 

【結論】水処理施設マンは結婚できます【実例3つ】

結論から言うと、水処理施設マンでも結婚できます。

 

僕の勤めている浄水場でも、6割くらいが結婚していますよ。子供のいる方も多いです。

 

その中から3人、実例を紹介します。

 

20代男性(僕)

まずは、僕の家庭の例から。

家族構成

・僕
・奥さん(共働き)
・アパート暮らし

 

うちは奥さんとの共働きで、奥さんの方が稼ぎが多いです。(年収で100万くらい多い)

 

家事は手の空いている方がやるというスタイルですが、残業がない僕がやることが多いですね。

 

共働きなので金銭的な余裕はそこそこあります。

 

自慢の奥さんです。

 

30代 男性(先輩)

続いて、30代の先輩の例です。

家族構成

・先輩
・奥さん(共働き)
・息子(5歳)
・娘(2歳)
・持ち家

 

先輩の家も共働きで、持ち家です。

 

お子さんが2人いますが、保育園を利用しつつ、協力して育児を行っているそう。

 

家事もほぼ半分ずつでやっているとのこと。

 

子供との時間を沢山取れるのが、水処理施設の利点」と仰っていました。

 

40代 男性(所長)

最後に、40代の所長の例です。

家族構成

・所長
・奥さん(専業主婦)
・息子(15歳)
・持ち家

 

所長の奥さんは専業主婦で、息子さんが一人。

 

給料の安い水処理施設ですが、所長まで出世すれば家族を養える程度には稼げるようです。

 

とはいえ、いつも忙しそうに書類や電話と向き合っているので、あまり出世したいと思えませんが…

 

別の現場でも、管理職の方は殆どが結婚されていますね。

 

水処理施設マンと結婚するメリット3つ

続いて、水処理施設マンと結婚するメリットを解説します。

 

メリット

仕事のストレスを家庭に持ち込まない

・家族との時間が多くとれる

・職を失うことがない

 

1つずつ解説していきます。

 

仕事のストレスを家庭に持ち込まない

水処理施設マンは、仕事のストレスを家庭に持ち込みません。

 

というか、仕事が楽なので持ち込むストレスが無い、と言った方が正しいですね。

 

余計なストレスが無いので、家でも穏やかな気分でいられます。

 

仕事のストレスを家族にぶつけて、家族関係が悪くなってしまう家庭は多いです。

 

それが原因で離婚してしまうことも…

 

仕事のストレスで家庭が荒れることが無いのは、大きなメリットですね。

 

家族との時間が多くとれる

水処理施設の仕事は、残業がほぼありません。

 

夜勤明けでも、仮眠が取れているのである程度なら動けます

 

そのため、家族と過ごす時間を多く取ることが出来ます。

 

家事をして奥さんの負担を減らしたり、子供と遊んだり…

 

このご時世、残業だらけで子供の寝顔しか見たことが無い、なんて父親も沢山いると聞きます。

 

どれだけ稼げるとしても、家族と過ごす時間を犠牲にする価値はない、と僕は思います。

 

職を失うことがない

人間が生きている限り水は必要なので、水処理施設の維持管理は今後も無くならない安定した仕事です。

 

全国どこにでも水処理施設はありますしね。

 

万が一会社を辞めることになっても、ニッチな業界のため経験者は貴重なので、転職は簡単です。

 

職を失うことがまずない、というのは大きなメリットです。

 

水処理施設マンが結婚を考える際に気をつけること4つ

向かい合う男女二人の画像

続いて、水処理施設マンが結婚を考える際に気をつけることを解説します。

 

気をつけること

・出会いは無い

・共働きは必要になる

・家事は率先してやるべき

・奥さんのストレスを受け止めよう

 

出会いは無い

水処理施設に出会いは皆無です。

 

現場もお客さんも、男ばかりの仕事なので…

 

職場恋愛は存在しないものと思ってください。

 

出会いは職場以外で求めましょう。

 

共働きは必要になる

水処理施設は、給料が低いです。

 

奥さんだけならともかく、子供を作るなら共働きはほぼ必須になるでしょう。

 

メモ

共働き世帯の割合は、年々増加しています。「男女共同参画白書」によると、2019年時点で68%です。

 

所長クラスまで出世すれば、家族を養うことも可能ですが、出世できる人は限られています。

 

そもそも仕事の楽さとプライベートの充実を求めて水処理施設に転職するなら、忙しい所長を目指すのは本末転倒です。

 

結婚するなら、共働きOKの人を探しましょう。

 

家事は率先してやるべき

結婚するなら、家事は率先してやりましょう。

 

水処理施設に転職したら、奥さんよりも時間の余裕は多くなるはず。

 

給料が安く、家事もしないとなると、どんなに優しい奥さんでもイラっと来ます

 

家事は率先してやりましょう。独身のうちに家事スキルを磨いておくのも良いですね。

 

奥さんのストレスを受け止めよう

水処理施設の仕事は、ストレスがほぼないです。

 

その分、奥さんのストレスをしっかり受け止めてあげましょう。

 

余裕のあるこちらが、奥さんの愚痴の吐きどころになるべきです。

 

夫婦で支え合っていきましょう。

 

水処理施設マンは結婚できる【まとめ】

結婚するメリット

仕事のストレスを家庭に持ち込まない

・家族との時間が多くとれる

・職を失うことがない

気をつけること

・出会いは無い

・共働きは必要になる

・家事は率先してやるべき

・奥さんのストレスを受け止めよう

 

以上が本記事のまとめです。

 

水処理施設の仕事は給料が安く、結婚するなら共働きはほぼ必須になります。

 

しかし、家族と過ごす時間が取れる、家庭にストレスを持ち込まない等、良い点もたくさんあります。

 

共働きOKの女性にとっては、家事や育児に積極的で、ストレスで荒れない夫は魅力的かもしれませんね。

 

水処理施設の仕事をしていても、結婚は十分できると言えます。

 

【必見】水処理施設の転職で使うべき転職サイト4選【失敗したくない人向け】

続きを見る

 

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.