【浄水場】水処理施設の仕事で役に立つ便利な道具4選

水処理施設

【浄水場】水処理施設の仕事で役に立つ便利な道具4選

 

 

水処理施設の仕事では、様々な道具を使用します。

 

工具や安全器具などは、まともな会社ならすべて支給されるので、仕事をするうえで不便はしません。

 

しかし実際に働いてみると、「これもあると便利だな」と思うものがいくつか出てきました。

 

そこで本記事では、水処理施設で実際に働いている僕が、仕事で役に立つ道具を厳選して紹介します。

 

これから水処理施設で働くつもりの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

水処理施設の仕事であると便利なもの4選

水処理施設の仕事であると便利なものは以下の4つです。

 

・滑らない安全靴
・ヘルメットインナー
・防水腕時計(安いもの)
・最強のアイマスク

 

1つずつ解説していきます。

 

滑らない安全靴

水処理施設の仕事には場内点検があります。

 

安全靴を履いて施設内に異常がないか見回るのですが、水処理施設では濡れた足場が多いです。

 

そのため、滑らないことを第一に考えた安全靴を履くべき。

 

ベストは、日進ゴムのハイパーVです。

 

この靴、ウォータースライダーを逆走できたり、SASUKEの完全制覇者が使ってたりと、滑らないことにかけては間違いなく最強。

 

値段も安いので、遠慮なく使えます。使ってみる価値はありますよ。

 

現場仕事は安全第一です。

 

ヘルメットインナー

水処理施設の仕事では、点検などでヘルメットを毎日のように使います。

 

ヘルメットって結構汗で蒸れます。夏場はかなりきつい臭いがすることも…。

 

そんな時に役立つのがヘルメットインナーです。

 

ヘルメットインナーをするだけで汗を吸い取ってくれるので蒸れにくいですし、臭いも抑えられます。

 

インナーは洗濯できるので、清潔に保つこともできるのでかなりオススメ。

 

吸汗速乾のヘルメットインナーは、夏の必須アイテムですね。

 

防水腕時計(安いもの)

点検中に現場で時間を確認する際に、腕時計があると便利です。

 

スマホで見ればいいじゃん!と思うかもしれませんが、落としてしまう危険性があります。

 

誤って沈殿池に落としてしまったら、深さ数mの水の中。二度と回収できません(泣)

 

安いものでもいいので、腕時計をつけておくことをおススメします。

腕時計選びのポイント

・夜勤中でも見られる、LEDライト機能つき

・現場でも気にせず使える、安いもの

・防水機能付き

 

僕が実際に使っているものを紹介しておきます。

 

わざわざ高いものを買う必要は全くなく、最低限の機能と防水性能があればOKです。

 

最強のアイマスク

水処理施設の夜勤では、大体3~4時間の仮眠時間があるので、夜勤にしては結構楽です。

 

とはいえ、貴重な仮眠時間に寝付けないとかなりしんどい思いをします。睡眠不足では仕事のミスにつながりますしね。

 

よく寝られるように快眠グッズは用意しておくべき。その中でもアイマスクは最も重要です。

 

とにかく遮光率が高く、装着すれば真っ暗闇の中です。

 

アイマスクって目に密着してるものが多いんですけど、このアイマスクは目の周りにクッションが着いていて、目を圧迫しません。

 

頭の後ろにストラップを回して固定するので、耳が痛くならず、どんな体勢でもズレてくることもありません。

 

夜勤には必須の神アイテムです。

水処理施設の仕事で役に立つ道具まとめ

本記事では水処理施設の仕事で役立つ道具【4選】を紹介しました。

 

皆さんの水処理施設ライフが快適になれば嬉しいです。

 

本ブログでは水処理施設の内情について赤裸々に語っているので、よかったら他の記事も見てみてくださいね。

 

水処理施設の記事まとめ