水処理施設

【浄水場】水処理施設の求人を探すとき失敗しないポイント4つ

あなた
水処理施設の求人は、何に気をつけて探せばいいのかな?

 


こんな疑問に答えます。



水処理施設の運転管理は楽な仕事ですが、ブラック企業ではそうはいきません。

 

本記事では、水処理施設ならではの求人(会社)の選び方を解説します。

水処理施設の求人を探すポイント4つ

水処理施設の求人を探すポイント

・賞与があるかどうか

退職金があるかどうか

年間休日が110日以上

・【重要】契約を取りやすい企業か?

 

1つずつ解説していきます。

 

・賞与があるか?

ボーナスはめちゃくちゃ大事です!

「何当たり前の事言ってんの?」と言われそうですが、毎月の給料が低い水処理施設マンにとって、まとまったお金をもらえるのはデカいです。

 

毎月が多少キツくても、年2回のボーナスで貯金や旅行と何らかの楽しみが出来るので...。

 

ボーナスがあっても「年合計1ヶ月分」とか「寸志」は論外です。

 

水処理施設に転職するなら、給料の低さは覚悟されていると思います。

 

それでもボーナスぐらいは、まともにもらえる会社を選びましょう。仕事のモチベーションが違います。

・退職金があるかどうか

求人票では退職金の詳細まではわかりませんが、退職金は絶対に必要です。

 

腰を据えて長く働くのにぴったりな仕事なので退職金があるメリットを受けやすいです。

 

退職金がある求人、会社を選びましょう。

年間休日が110日以上

水処理施設の場合シフト制が多ですが、年間でしっかり120日前後の休日は欲しい所です。低くても110日が最低ライン。

 

特に年間休日が100を切る様な会社は絶対にやめておきましょう。

 

ハローワークにはそんな会社の求人がゴロゴロしているので注意。

 

夜勤の多い現場では夜勤後は必ず明け休みなので、明け休みを「休み」とカウントすれば年間休日は200以上になります。

 

この休みの多さが、水処理施設の大きな魅力の1つですね。

 

 

【重要】契約を取りやすい企業か?

ここまでの3つは、水処理施設以外の転職でも大事なポイントです。

 

水処理施設ならではの重要ポイントとして、【契約を取りやすい企業か?】があります。

 

あなた
契約って何のこと?
県や市からの受注のことです。

 

水処理施設は、県や市が民間企業に管理を依頼しています。この管理依頼をどの企業が受けるかは、企業同士の争いになります

 

依頼してもらえなければ、仕事が無くなるわけですね。契約を取りやすい企業が、儲かっている、安定している企業です。

 

あなた
契約を取りやすいのはどんな企業なの?

 

会社の規模が大きい、管理の実績が多い企業です。

ざっくり言うと

契約を取りやすい企業

・大企業

・歴史の古い企業

 

を、選べば失敗しないということです。給料や福利厚生も良いところが多いですしね。

 

 

これら4つのポイントに注意して、求人を探しましょう。水処理施設への転職で失敗しない転職サイト選びは、次項で解説しています。

 

水処理施設への失敗しない転職法

水処理施設への転職で失敗したくないなら、転職サイトは慎重に選ぶべき。

 

適当に転職すると、ブラック企業に入社してしまう危険性が高いからです。

 

詳しくは、【必見】水処理施設の転職で使うべき転職サイト4選【失敗したくない人向け】で解説しているので、合わせて見てみてください。

本記事で解説した、求人探しのポイント4つに気をつけて検索してみましょう。

【必見】水処理施設の転職で使うべき転職サイト4選【失敗したくない人向け】

続きを見る

 

水処理施設の求人を探すポイント4つ【まとめ】

水処理施設の求人を探すポイント

・賞与があるかどうか

退職金があるかどうか

年間休日が110日以上

・【重要】契約を取りやすい企業か?

 

水処理施設の管理は、長く続けやすい仕事だからこそ、求人選びが非常に重要です。

 

適当に転職して、すぐに辞めてしまうようなことがないように、ポイントを押さえて求人を探しましょう。

 

水処理施設への失敗しない転職方法は、【必見】水処理施設の転職で使うべき転職サイト4選【失敗したくない人向け】で解説しているので、合わせて見てみてくださいね。

【必見】水処理施設の転職で使うべき転職サイト4選【失敗したくない人向け】

続きを見る






Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.