精神的に楽な仕事ランキングTOP3!1位は予想外のマイナー職業

仕事

精神的に楽な仕事ランキングTOP3!1位は予想外のマイナー職業

あなた
とにかく精神的に楽な仕事をしたい…

そんな悩みを解決します。

・今の仕事が精神的にきつい
・正直働きたくない
・もうつかれた

という方が「とにかく楽な仕事をしたい」と考えるのは当然です。

本記事では、「精神的に楽な仕事」をご紹介します。

精神的に楽な仕事の基準

・残業がほぼない
・ノルマや納期で悩まない
・次の日に持ち越す仕事が無い
・休日に仕事のことを考えなくていい

精神的に楽な仕事に共通するのは、上記の4点だと思ってます。そこで、この4つを基準にランキング化しました。

1位:水処理施設の仕事

水処理施設の仕事は、精神的に楽です。浄水場や下水処理場といった、国が運営する水処理施設の運転をする仕事です。

水処理の仕事内容

・設備の運転管理
・設備の点検
・水質検査

楽なポイントとして、とにかく業務と業務のすき間の時間が多く、のんびりしている点が挙げられます。トラブルがなければやることが殆どありません。

1日の半分くらい、スマホをいじっていた…なんてことも。

残業は無く、引継ぎさえ終わればその日は仕事のことを考えなくてOKなので、精神的にも肉体的にも圧倒的に楽な仕事と言えます。

設備を相手にする仕事なので、お客様との会話や折衝が無いのもメリットですね。

詳しい仕事内容は、【楽すぎる】水処理施設の仕事は楽!仕事内容を解説【ストレスゼロ】で解説しているので、合わせて見てみてください。

水処理施設の仕事内容が楽な3つの理由。意外と知られていない穴場です。

続きを見る

2位:ビルメンテナンス

ビルメンテナンス(通称ビルメン)は、建物や設備に異常がないかの点検・保守管理を行う仕事です。

ノルマや納期がなく、ゆったりと仕事をすることができます。体力を使う業務もないので、精神的・体力的に楽な仕事と言えるでしょう。

1位の「水処理施設の仕事」とかなり似た内容ですが、ビルメンテナンスは下記のデメリットがあります。

ビルメンのデメリット

①お客様との折衝業務が多い
②様々な設備の知識を学ぶ必要がある
③トイレの詰まり解消など、汚れ仕事がある

①については、コミュニケーション力に自信のない方は大きなデメリットでしょう(僕もそうでした)。お客様と話す機会が多く、かなりのストレス要因になります。

注意!

※他のサイトでは、ビルメンはコミュ障でも大丈夫!という情報が良く書かれていますが、残念ながらコミュニケーション力は必須です。

楽な仕事として有名なビルメンですが、1位の「水処理施設の仕事」と比較して明確にデメリットがあるため、2位としました。

とはいえ、営業などの仕事に比べればめちゃくちゃ楽なのは間違いないです

3位:ルート配送

ルート配送は、トラックを運転して決められた場所に荷物を運ぶ仕事です。

基本的に1人で業務にあたり、トラブルも頻繁に起こるものではありません。日常の業務はほとんどがルーティンなので、精神的に楽な仕事と言えるでしょう。

注意ポイントとして、近距離の配送かつ、届け先が他企業である仕事を選ぶ必要があります。

県をまたぐような長距離の配送だと、業務時間内に仕事が終わらず、残業ばかりになってしまいます。また、届け先が企業ではなく個人のお客様だと、ちょっとしたことでクレームを入れられたり、怒鳴られたりします

上記の注意点と肉体的な負担が大きいことから、3位としました。

【まとめ】精神的に楽な仕事につこう

本記事では、精神的に楽な仕事ランキングとして

ポイント

1位:水処理施設の仕事
2位:ビルメンテナンス
3位:ルート配送


を紹介しました。

ストレスだらけの社会、楽な仕事を求めるのは当然なことです。精神的に楽な仕事に転職して、ストレスフリーな人生を手に入れましょう。