水処理施設

【浄水場】水処理施設の仕事に体力は必要なのか

あなた
水処理施設に体力って必要なのかな?

意外と必要ありませんよ。

水処理施設は現場仕事なので、体力が必要なイメージを持っている人が多いですね。

しかし実際には、体力が必要になる場面は少なめです。

本記事では水処理施設で実際に働いている僕が、体力が必要な場面を解説します。

体力面で水処理施設で働くのを迷っている人は、参考にしてみてくださいね。

水処理施設で体力が必要そうな場面

水処理施設で体力が必要になる場面は以下の通りです。

 

・場内巡回点検

・トラブル対応

・夜勤

1つずつ解説していきます。

 

場内巡回点検

水処理施設の業務の1つに、場内巡回点検があります。

 

場内を歩いて巡回し、設備点検を行うという業務です。

 

かかる時間は、施設の規模によりますが、1~2時間程度のところが多いですね。

 

普段なら散歩気分で回れるのですが、真夏や真冬、大雨の日は結構大変です。

 

猛暑の日は熱中症になりそうなので、空調のある部屋で休み休み動いてます。

 

トラブル対応

水処理施設の管理をしていると、トラブルが発生します。

 

パソコン操作10秒で解決するものもあれば、現場に行って作業をすることも。

 

重ためのトラブルに当たってしまうと、屋外で数時間の作業を強いられることもあるので、体力が必要だと感じますね。

 

そこまで重たいトラブルは、年に1回当たるか当たらないかという程度ですけどね。

 

実際のトラブル対応例は、水処理施設の仕事内容を解説!「トラブル対応編」にて紹介しています。

【浄水場】水処理施設の仕事内容を解説!「トラブル対応編」

続きを見る

 

夜勤

水処理施設では、夜勤のある現場がほとんどです。

 

水処理施設は24時間365日動いているからですね。

 

現場にもよりますが、17~9時の16時間勤務になるので、慣れないうちはかなり体力を持っていかれます。

 

しかし実際のところ、勤務時間の半分以上は何をしてもいい待機時間ですし、誰の目も無いので気楽なものです。

 

しかも、3~4時間くらいの仮眠時間もあります。

 

これが例えば工場での夜勤なら、時間中ほとんど休みなく作業を続けないといけないので、それに比べるとずいぶん楽です。

 

正直夜勤の方が楽なので、むしろ日勤に入りたくないですね…

 

夜勤中の過ごし方は、【浄水場】水処理施設での夜勤の過ごし方【暇です】で赤裸々に語っています。

【浄水場】水処理施設での夜勤の過ごし方【暇です】

続きを見る

 

【結論】意外と体力は使いません

体力を使う場面

・場内巡回点検

・トラブル対応

・夜勤

以上が体力を使う場面でした。

 

結論としては、「普段がめちゃくちゃ楽なので、体力を使う場面はあっても、総合的に楽」といったところですね。 

 

普通の仕事だと勤務時間中は動きっぱなしの考えっぱなしなので、それと比較すれば水処理施設の仕事は本当に楽だと感じます。

 

そんな楽で体力を使わない仕事に興味があるなら、ぜひ転職を考えてみてくださいね。

 

【必見】水処理施設の転職で使うべき転職サイト4選【失敗したくない人向け】

続きを見る

浄水場の仕事を解説。日本一楽な仕事がここにあった…

続きを見る

 

 

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.