仕事

【転職】「どこにいっても同じ」と言われても聞き流してOKな理由3つ

お前なんてどこに行っても同じや!

 

こんな言葉をかけられたら傷つきますよね。

 

僕は過去5回転職していますが、辞める際に先輩や上司から何度か言われたことがあります。

 

かなり傷つきましたが、現実には「どこに行っても同じ」ではありませんでした

 

その経験をもとに本記事では、こんな言葉をかけてくるのはどういう人間なのか、どう対応すべきかを解説します。

 

結論から言うと、クズの戯言なので聞き流してOKです。

 

聞き流してOKな理由3つ

「どこに行っても同じ」と言われても聞き流してOKな理由は次の3つです。

 

ポイント

・どこに行っても同じなんてありえない

・少なくとも「そいつ」はいない

・アドバイスではなくただの罵倒

 

1つずつ解説します。

 

どこに行っても同じなんてありえない話

日本には100万以上の会社があり、その中にも様々なポジションの仕事があります

 

それら100万全部に対して、同じと言い切れるはずがありません。

 

そもそも「どこに行っても同じ」と言ってきた奴は、何個の会社を経験しているのでしょうか?

 

多くても2つか3つ、もしかすると転職経験ゼロかもしれませんね。

 

100万分の3を知った程度で、「どこに行っても同じ」なんてちゃんちゃらおかしい話です

 

1000社くらい経験している方なら、話を聞いてもいいかもしれませんが(笑

 

実際、僕もこれまで

・仕事が雑
・動きが遅い
・どんくさい
・発達障害っぽい

とボロクソに言われていましたが、今の職場では「仕事が早く丁寧」という評価を頂いています。

 

※僕の能力が上がったわけではありません。変わったのは会社だけです。

 

どこに行っても同じなんて、【絶対にありえない】んですよ。

 

というわけで、聞き流してOKです。

 

少なくとも「そいつ」はいない

ありえないことですが、本当にどこに行っても同じくらい仕事ができないとします。

 

それでも変化することはあります。人間関係です。

 

当たり前ですが、会社によって働いている人は違います。

 

日々の仕事において最も重要な人間関係が変化する時点で、「どこに行っても同じ」なんてありえないことだと分かります。

メモ

2019年のマイナビの調査では、転職理由で最も多かったのが「人間関係」でした。

 

何より、会社を変われば間違いなく、「どこに行っても同じ」などと暴言を吐いてきたそいつとはサヨナラできます

 

というわけで、聞き流してOKです。

 

アドバイスではなくただの罵倒

あなたのことを考えたアドバイスなら聞く価値もあるでしょうが、「お前なんてどこに行っても同じ」はただの悪口です。

 

「お前のためを思って言っている」などと言ってきても信用してはいけません

 

本当にあなたのことを考えているなら、「あなたの能力はここが高くここは弱い。○○系の仕事が向いているのでは」といった建設的なアドバイスが出てくるはず。

 

実態は、あなたを不快にすることが目的の罵倒です。

 

「お前の母ちゃんでべそ」と同レベルです。いちいち真に受けてたら生きていけません。

 

というわけで、聞き流してOKです。

 

【結論】根拠のない戯言です

ポイント

・どこに行っても同じなんてありえない

・少なくとも「そいつ」はいない

・アドバイスではなくただの罵倒

以上が本記事の内容でした。

 

「どこに行っても同じ」なんて根拠のない戯言です。

 

そんな言葉を吐く奴も、大したことのない人間でしょう

 

適当に聞き流して、辞めるなり転職するなり好きなように行動しましょう。

 

相手をするだけ時間の無駄ですからね。

 

【2021】第二新卒だからこそ使うべき転職エージェント4選【初めての転職向け】

続きを見る

転職を考える際に【世間体】を気にすると失敗しますよ

続きを見る

 

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.