仕事

仕事が出来ない僕にとって、出世は「できない、したくない」もの【無能】

日本の会社では、出世を目指すのが当たり前…という風潮があります。

 

しかし、僕のように仕事が出来ない人間にとっては、出世は「できないし、したくないもの」です。

 

上司との面談などで、「今後どんなポジションにつきたい?」なんて聞かれて、言葉に詰まる人は多いんじゃないでしょうか。

 

一生ヒラで楽したいです!とは言いにくいですしね。

 

そこで本記事では、仕事が出来ない僕が出世について思うことを語ります。

 

こんな考えもあるんだな、程度に思っていただければ幸いです。

 

仕事が出来ない→出世したくない

僕は仕事ができない人間です。

 

過去5回転職してきましたが、

・人の話が1回で理解できない

・仕事が遅すぎて、残業ばかり

・技術についていけない、興味が持てない

・「無能」「発達障害か?」と言われる

 

とまぁ、散々な状態でした。

 

今でこそ、向いている仕事に転職したので楽しく働けていますが、自分の仕事のできなさは嫌というほど理解しています。

 

だからこそ出世なんてできないし、出世したところで仕事がこなせるとは思えないんですよね。

 

僕と同じような考えの人は、意外と多いんじゃないでしょうか。

 

出世のデメリット

僕が考える出世のデメリットは2つあります。

出世のデメリット

・仕事が難しくなり責任も増える

・仕事が忙しくなりプライベートが削られる

 

「重要な仕事を任される」ことにやりがいを感じる人ならメリットでしょうが、僕のように仕事のできない人間にはデメリットでしかありません。

 

そもそも今の仕事(浄水場の管理)に転職した理由が

・自分の時間がほしい

・とにかく楽な仕事がしたい

・納期やノルマに追われたくない

・ストレスの少ない仕事がしたい

 

というものなので、出世とは正反対の方向性です。

 

だから万が一、管理職に昇進なんてことになりそうなら全力で断りますし、最悪転職も考えます

 

今の仕事はニッチな業界なので、経験者なら転職は余裕ですしね。

 

管理職になったところで全く仕事がこなせず、どのみち降格か転職することになるのは分かっています。

 

仕事が出来る人からすれば異常な考えかもしれませんが、これが僕が幸せになるためにたどり着いた答えです。

 

出世への憧れはあるけど、もっと大事なものがある

ここまで、出世に対してネガティブなことばかり書いてきましたが、出世への憧れもゼロではないです

 

周囲から頼りにされて、大きな仕事をする満足感があるでしょうし、たくさん稼いで奥さんを専業主婦にしてあげられるかもしれない。

 

そんな風に考えることもあります。

 

でも、家族と過ごす時間が犠牲になるなら、「やっぱり出世なんてしたくない」と思いますね。

 

奥さんがいて、子供がいて、家族で過ごす時間がたっぷり取れて…それが何よりも幸せだと感じています。

 

僕の幸せは、出世した先には無いです。

 

【結論】僕の人生に出世は必要ない

まとめ

・仕事が出来ない人にとって、出世は全力で避けるもの

・出世に憧れないわけではないが、家族との時間の方がよっぽど大事

以上が本記事の内容でした。

 

周りの言葉に流されて出世を目指してしまいがち。

 

でも、出世によって手に入るものと失うもの、どちらが大事かはよく考えたいところですね。

 

僕は仕事が出来ないおかげで、こういう考えにたどり着けたのかもしれません(笑)。

 

この記事を読んでいるあなたも、一度出世を目指す目的について考えてみてはいかがでしょうか?

 

社会人は立派、先輩は立派という幻想【クズだらけ】

あなた僕は立派な社会人になれないよ…   実は、そんなことはないんです。   学生時代や新卒の頃は、社会人=立派に働いている人。すごい。と思いがち。   しかし何年か働い ...

続きを見る

仕事が出来ない自分が嫌い←待て待て待て待てちょっと聞け

あなた仕事が出来ない自分が嫌いだ…   その気持ち分かりますよ。   僕も昔、仕事が出来ない自分が嫌いで、死にたいとまで思っていました。   僕は新卒のときIT企業に就職 ...

続きを見る

 

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.