仕事

【残業地獄】残業時間で生活はどう変わる?0~150時間の実体験から語ります。

あなた
残業は疲れるけど、残業代は欲しい…

 

その気持ち分かりますよ。

 

残業は少ない方が良いけれど、残業代がないと生活が苦しい方も多いはず。

 

プライベートと仕事の兼ね合いはなかなか難しいものです。

 

僕は過去5回転職する中で、月の残業時間0~150時間を経験してきました。今は残業ほぼゼロの会社で働いています。

 

本記事では、残業時間によって生活がどう変わるかを、実体験に基づいて解説したいと思います。

 

ポイント

ちなみに、残業0は水処理施設の維持管理、残業80~はIT企業のシステムエンジニアです。

残業時間によって生活はどう変わるか

残業なし!【これが正しい姿】

残業がない場合、プライベートがめちゃくちゃ充実します。

 

仕事終わりにジムに寄って、帰って夕飯を食べてお風呂に入ってもまだ8時半とかです。

 

毎日ゆっく~りできます。

 

知っておいていただきたいのは、残業ゼロが本来当たり前なんだということ。

 

労働基準法では、1日8時間が人間が働ける限界だと定めています。

どうしても事情がある場合のみ、残業させてもかまわないと。

 

なのに日本は、残業が当たり前みたいな風潮の会社があまりにも多いです。

 

個人的には残業してた頃より、多少給料が減ってもプライベートが充実した方が幸福度が高いです。
残業したくないのは甘え←考え古すぎ(笑)残業なしの会社の見つけ方

続きを見る

月10時間【余裕ではある】

月10時間くらいだと、1日平均30分になります。

 

基本定時で、週1~2で2時間残業するくらいのイメージですね。

 

正直、これくらいなら余裕はあります。自炊もできますし、プライベートも満喫できるでしょう。

 

残業代も飲み会3、4回分くらいにはなります。

 

月20時間程度【ギリギリ許容ライン】

月20時間だと、1日平均1時間になります。

 

1時間くらい…と思いがちですが、意外と影響が大きいです。

 

19時くらいに会社を出るとなると、そこから出かけたり自炊したりするのはなかなか大変。

 

帰宅が1時間遅くなると、夕飯は外食やお惣菜に頼ることが増えてきます

 

身体にも良くないし、お金も減っていきます。

 

折角稼いだ残業代が、食費に消えてしまう…。

 

このあたりが残業時間の許容ラインギリギリだと感じました。

月40時間【プライベートを圧迫】

月40時間だと、1日平均2時間になります。

 

ここまでくるとプライベートをかなり圧迫されます

 

20時に会社を出て、家に帰ると21時前。飯食って風呂に入ると残り1時間くらいしかありません

 

睡眠を削ってプライベートの時間を増やす方法もありますが、健康への悪影響が大きいです。

 

ちょうど総菜が安くなる時間帯なので、食費は減らせます。メリットかどうか微妙ですが…

 

知らず知らず身体へのダメージが溜まっていく残業時間だと思います。

 

月60時間【休日に疲れを持ち越す】

月60時間だと、1日平均3時間になります。

 

休日出勤も月1~2回こなしているくらいでしょうか。

 

疲れすぎて、もはやプライベートを充実させるのは不可能です。

 

平日は帰宅してすぐ寝て、休日も昼まで寝て、ゴロゴロして終わりです。

 

大企業だと、残業が60時間を超えると残業代が更に上乗せされます。その上お金の使い道がないので、貯金がアホみたいに増えていきます。

 

残業代がちゃんと出るなら、ですがね。

80時間【過労死を身近に感じる】

月80時間だと、1日平均4時間になります。

 

毎日22時くらいまで働くことになります

 

厚生労働省の定める過労死ラインが80時間からなので、自殺したら過労死認定だな…なんて良からぬ精神状態になってきます

 

お金はあるけど楽しみは無い、という状態なので、お昼は毎日王将で食べまくるという生活をして、10キロ太りました。

 

常に体調が悪かったです。

月100時間【人間の限界を感じる】

月100時間だと、1日平均5時間になります。

 

毎日終電帰り、毎週休日出勤で100時間の大台を達成できます。何の価値もないですけど…

 

寝ても覚めても仕事仕事で、精神が限界に来ていました。

 

朝起きるたび死にたくなってましたね。

 

何か楽しみを見つけようとして、パチンコに行ったり風俗に行ってみたり。

 

でも何をしていても仕事のことを考えちゃうんですよね。

 

何をやっても楽しめませんでした。

 

月150時間【仕事が人生】

月150時間だと、1日平均7.5時間になります。

 

会社に泊まったり、休日出勤しまくって16連勤とかをこなせば到達できます。

 

もう生きるために働いているのか、働くために生きているのか分からなくなります。

 

労働基準法で決められた残業時間の上限を超えているので、残業代はつけられません。※違法です。

 

結局、身体と精神に異常をきたして辞めることになりました

 

【結論】残業は人生の幅を狭める

残業は人生の幅を狭めます。

 

残業代がもらえるなら、金銭的には豊かになれるかもしれませんが、プライベートが犠牲になっていきます。

 

友達と遊んだり、趣味を極めたり、色んな勉強をしたり…

 

仕事以外にも人生を豊かにする方法はいくらでもあります

 

若いうちから人生を仕事に捧げてしまうのはもったいないです。

 

特に第二新卒の方なら転職するのも簡単なので、残業が少ない会社に転職するのもアリです。

 

もし残業代が出ないようなブラック企業に勤めているなら、今すぐ脱出するべきでしょう。

 

第二新卒の転職で失敗しない方法は「こちらの記事」にまとめているので、人生を変えたい方は見てみてください。

【2021】第二新卒だからこそ使うべき転職エージェント4選【初めての転職向け】

続きを見る

残業との付き合い方を考えよう

本記事のまとめ

・残業は本来ゼロであるべき

・20時間くらいから、プライベートを圧迫されてくる

・残業は金銭的には豊かになるかもしれないが、人生の幅を狭める

以上が本記事の内容です。

 

日本には残業を美徳とする文化が根付いています。

 

だからといって「残業が当たり前…」と諦めるのではなく、本来は残業ゼロが正しいんだ!と定時で帰る勇気を持ちたいですね。

 

残業時間によって、人生は大きく変わってしまいます。

 

金銭面とプライベートのバランス的に、自分の人生を良くするにはどうすればよいか?残業との付き合い方を考えましょう。

 

 

Copyright© にくみそラクライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.